Natural, pristine environment About Hamilton Island

オーストラリアも最も壮大な観光地の一つ、ハミルトン島は,グレートバリアリーフとウィットサンデー諸島の中心地です。

ハミルトン島について

8.000年近く居住されていますがハミルトン島はいまだに自然のままの状態です。

歴史

原住民、アボリジニー(the Ngaro Aboriginal tribe)の定住から、1770年キャプテンクックの来訪や1970~1980年代に旅行先として発展するに至るまで、ハミルトン島は長く興味深い歴史を持っていました。オーストラリアのワインメーカーとして名の知られているボブ・オートレーが2003年にこの島を購入して以来、世界的に一流なホリデー先のひとつとなりました。

環境

ハミルトン島に多くのレストランやバーがある一方で、たった3分の1のみが開発されており、残りは自然の美しさを維持したまま残されています。島を探検できる多くのウォーキングコースもございます。

インフラストラクチャー

 毎年、オートレーファミリーが宿泊施設やインフラ、サービスを向上させるべく何億円もの投資をハミルトン島に行っています。廃棄されたゴミはエコフレンドリーを最大限に意識し、再利用可能なものはできる限りでリサイクルを行っています。また、電力開発に関しても、もっとも能率的な方法を利用しています。